お誕生祝い行事 お七夜~お宮参り~初節句~お食い初め~初誕生

お誕生のお祝い行事
 
お子さん・お孫さんのお誕生、おめでとうございます!
誕生7日に行う「お七夜」から「お宮参り」「初節句」「お食い初め」
そして1歳の誕生日を迎える「初誕生」までのお祝い行事、古河:米銀がお手伝い致します。
初めての事でよくわからない事も多いと思いますが、お気軽にご相談いただければと思います

 
 


肴町:米銀本店隣にある、お休み処「坂長(さかちょう)」の和室・石蔵を使用し、米銀のお弁当・オードブルをお召し上がりになりながらのお祝い・会議・会合をご提案致します。
※使用申請書提出、会場セッティングなどは弊社が行います。室料はお客様負担となります。お気軽にご利用・ご相談ください。

 
 
 
 

お七夜
赤ちゃんが生まれてから7日目に、赤ちゃんの名前を親族へお披露目し、無病息災を祈願するお祝いです。正式には、名付け親が赤ちゃんの名前を書いた奉書紙に、鯛や鯉などを添えて送ります。しかし、現在では赤ちゃんの名前を書いた半紙を部屋に貼って、両家の家族や親族を招いて食事をすることが多いようです。ベビーグッズ専門店では専用の命名紙を購入できます。

焼き鯛 折詰会席弁当 松花堂弁当 お赤飯
※出産祝いのお返しに、赤ちゃん誕生米(誕生時の体重分のお米)

 
 
お宮参り
生後1ヶ月で、地元の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、無病息災を祈願するお祝いです。男の子は生後31日目、女の子は生後32日目が一般的です。現在では細かい日数にはこだわらず、赤ちゃんのお母さんの体調や両家ご両親の都合、天候のよい日を考慮して行われる場合がほとんどです。参拝時は、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするのが正式ですが、母方のおばあちゃんやパパが抱っこしても大丈夫です。本来であれば、赤ちゃんのお母さんは体を休めるためにお宮参りには参加しないのが普通でしたが、近年はほとんどが一緒に参拝しています。

折詰会席弁当 松花堂弁当 赤飯

 
 
初節句
赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句では、子供の健やかな成長を祈願します。女の子なら3月3日、男の子なら5月5日です。ただし、生後1ヶ月で節句を迎えるような場合は、準備が大変なので翌年にまわすことも多いようです。3月3日の桃の節句には雛人形を飾り、両家のご両親を招いて、お祝い膳を囲みます。5月5日の端午の節句も同様に、鯉のぼりや武者人形を飾り、チマキや柏餅などを食べてお祝いします。

桃の節句 折詰会席弁当 松花堂弁当 お赤飯
草もち 桜餅
端午の節句 折詰会席弁当 松花堂弁当 お赤飯
柏餅

 
 
お食い初め
生後100日目に、一生食べ物に困らないようにと祈願するお祝いです。正式には、白木の三方(さんぼう)、土器の椀皿、柳の白木箸を使用してお膳を盛り付けます。用意がない場合は、一般的なベビー食器でも構いません。お膳のメニューは、尾頭付きの鯛、握り飯、鯛もしくは鯉の汁、煮物、香の物、紅白餅などが一般的ですが、地域差があるので注意してください。あとは、歯が丈夫になることを願って氏神の神社で拾った石を「歯固めの石」として添えればできあがりです。

焼き鯛 お食い初め膳 折詰会席弁当 松花堂弁当
お赤飯

 
 
初誕生
満1歳の誕生日のお祝いです。昔は栄養事情や生活環境が悪かったため、1歳を無事に迎えることが難しい時代でした。そのため、無事に1歳を迎えられたことを盛大にお祝いする風習が生まれたのです。1歳になっているといろいろと食べられるものも増えているので、赤ちゃんの好きなメニューを用意してあげましょう。多くの地域で赤ちゃんに約1.8kgの「一升餅」を背負わせて歩かせる風習があります。まだうまく歩けない赤ちゃんにわざと重いものを背負わせることで、「一生背負いきれないほどの食べ物に恵まれる」という願いを込めます。

誕生餅 折詰会席弁当 松花堂弁当 お赤飯

 
 

「お七夜」「お宮参り」「初節句」
「お食い初め」「初誕生」までのお祝い行事
米銀に、お気軽にご相談ください

米銀

 
 
◆お子様の成長を願って、その名もお祝い御膳「すこやか」
すこやか(お食い初め)

 
 
◆めでたい「祝鯛」でお祝いを!
祝鯛

 
 
◆お祝いの席には、やっぱり「お赤飯」

 
 
 
 


肴町:米銀本店隣にある、お休み処「坂長(さかちょう)」の和室・石蔵を使用し、米銀のお弁当・オードブルをお召し上がりになりながらのお祝い・会議・会合をご提案致します。
※使用申請書提出、会場セッティングなどは弊社が行います。室料はお客様負担となります。お気軽にご利用・ご相談ください。

 
 

ご注文について
〒306-0033 茨城県古河市中央町3-1-43  電話:0120-22-0384/0280-22-0384